Post image

みんなが行く周囲のお寺は御利益がある?

先日の早朝の某テレビ番組にて、御朱印帳に各有名な神社の御朱印を集める方々の特集を観ていた。過去記事にも私の学生時代の友人が、各スポット巡りをしているとの事で、数年前に見せて頂いた事は今でも覚えている。宗教離れと呼ばれている御時世でありますが、絶対的な宗教離れではなく、相対的な宗教離れという事がこの御時世である事が伺えます。では、現代の時代に合わせた宗教スタイルを各寺院が行えば実行できるのか?と言わ...

Post image

宗派を選んだからには、こちらの宗派側もできる範囲のことはある

この御時世であるから、急に身内が亡くなった際に葬儀(仏事)に触れる機会となった歳に、遺族の方達は突発的な事に気が動転して、「一体、何をしていいやら・・・」と多事多端な様子をこれまでの中で触れる機会がありました。そこで、当宗派における浄土真宗の教義に因んだ法務(一般的な供養の仕方)では、遺族の方達から一般的な供養の概念のすれ違いも生じることもありました。殆どが、派遣において遺族の葬儀の元に行くわけで...

Post image

世界遺産「薬師寺」トップが不倫辞任

世界遺産「薬師寺」トップが不倫辞任最近のニュースでも取り上げられたように、何を今更…と思うのが今回の記事であります。本来の寺院の財源というのは寺院に対して何かを求められた方々からの御布施や御賽銭であるにも関わらず、その意味合いの込められた金銭で以て、このような事態になる事が何ともいえようか…確かに薬師寺は世界遺産にも指定されるような、歴史&文化の象徴でもあるし、薬師寺の話術が人気な為に多くの参拝者が...

Post image

一般の方々は宗教を中心に生きているわけではない

前々から記載している通り、日々を生きる我々は何かを中心に支点として日常生活をしております。特に当宗派である浄土真宗におきましてはお念仏を中心とした生活という事をスローガンとしている。念仏を唱えて信心で以て、お念仏を中心とした生活で救われると大概の法話で言われているが、実際のところ多くの人達は皆、家庭に仕事と目の前の事で生きる事で必死なのが日常生活の有様である事が現状であります。そこで何か事がスムー...

Post image

5月病になりたくないなら、サービス業に転職する事をオススメ

本日で、連休のGW(ゴールデンウィーク)が最終日となります。そこで毎年、騒がれる内容として五月病と言われる病状の事であります。大型連休が続いて、余暇をリフレッシュして過ごしてGW明けから始まるいつもの日常生活の事を考えると気が滅入ってしまう。この事柄として、自分なりの予防策があります。それは即ちサービス業の職種の経験をすれば予防策にもなるとの事です。この寺院という業種もサービス業という業種に分類され...