Post image

お寺でバルサン

お盆前という事もあり、寺院を大掃除する機会でありました。寺院と雖も、一種の建物という事もある為に害虫が住み着く為に毎度ながら駆除は行わなくてはならないであります。そこで一般家屋と同じく害虫駆除でお馴染みのバルサンによって、家屋に住み着く害虫等をこの度駆除致しました。命の尊さを説く場で、大量殺戮の殺生を行うなんて!と思われるかもしれないが、白アリがいれば忽ち寺院という建物は倒壊にもなる訳でありますの...

Post image

寺院との付き合いは店との付き合いでよいのでは?

寺院に要件があるとして訪ねたり、電話等で連絡をする時は大概仏事(葬儀&法事)に関する時であると思います。そこで、先祖代々からの付き合いのある菩提寺とか分家の為に派遣業者や葬儀業者から紹介して頂いた僧侶と呼ばれる「先生」方に依頼する事となります。この御時世である為に、その「先生」や寺院の方針等が合わないと思われる方達もおられると思います。前々から記載している通り、全国に展開する殆どの寺院が檀家寺院で...

Post image

真宗の信徒でも霊的&スピリチュアルを信じますか?

初盆の依頼があり、一般的には御盆とは亡くなった方が霊という魂として現世に戻ってくると言われているが浄土真宗においては、そのような概念はなくむしろ批判をしている。それは、何故かというと仏教における『盂蘭盆経』に説いているのは次のような話である。安居の最中、神通第一の目連尊者が亡くなった母親の姿を探すと、餓鬼道に堕ちているのを見つけた。喉を枯らし飢えていたので、水や食べ物を差し出したが、ことごとく口に...

Post image

この度の大雨では

7月5日より続く梅雨前線の停滞に伴いこちらの兵庫県北部の地域でも、大雨&洪水の特別警報が発令されました。昨夜には警報等も解除されて落ち着いていおります。当寺院におきましては、幾度も大雨の被害を被ってきましたが幸いにも高台に建立しておりますので、床下浸水までの被害がこれまでの洪水での最大の被害となっています。当寺院は浄土真宗本願寺派の寺院でありますので、仏像に関しては「阿弥陀如来」のみでありますが、寺...

Post image

現代社会における宗教について

本日、オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚らの死刑が執行され、朝からテレビやネット等で報道の様子が伺われた。この事件をきっかけに世間から宗教という事が危険であるとの意識付けたられた衝撃的な事件であった事が伺われる。宗教も薬物と同じく場合によっては危険であると思われてもおかしくない事柄であるとは思えます。確かに、薬に関しては特に精神的な作用に関しては依存性や中毒性等の問題点も取り上げられ...