Post image

当寺院は災害時の避難所でありました。

台風24号の接近に伴い、防災無線やらスマートフォンの防災アプリの受信が鳴り響いております。これまでの台風に見舞われた際には、当寺院は高台にも建立されている為に洪水時には避難所でもありました。まだ治水工事が行き届いてない昭和の時代には、当寺院の地区周辺は台風の度に洪水の被害に見舞われておりました。その際には避難所として、多くの人達が寺院の本堂に避難をされていた事を伺います。自然災害時には避難所として、...

Post image

お坊さんたちが緊急シンポのニュースを見て

檀家の「お寺離れ」どう対応? お坊さんたちが緊急シンポいつもの日常でありますが、ネットのニュースにて自身に関する記事であったのでニュースの記事を拝見させて頂きました。シンポジウムは「お寺の今後を考えるサミット」と題して行われた。との記事であります。記事の中では僧侶派遣を仲介する企業には、依頼者から「別のお坊さんを紹介して」などの要望が寄せられている。お坊さんは消費者に選択される時代になった。との記...

Post image

今年の彼岸は早い?

暑さも寒さも彼岸までと呼ばれますが、今年は彼岸の前から急激に気温が下がり夜間と朝方は冷え込む日々が続いております。セミの鳴き声から、コオロギや鈴虫等の秋の虫の鳴き声と切り替わり当寺院の境内付近の草むらから聞こえてくる日々であります。寺院境内にて季節真柄の虫の声は風情があるものです。さて、彼岸と聞きますとお墓参りのイメージが定着しております。この彼岸の時期には祝日として秋分の日と春分の日とあり、その...

Post image

夏休み明けの問題について

9月に入り、約1週間が経過しました。先程、地元の豊岡市の防災無線からの市からの告知放送にて「自殺予防」についての放送が流れていました。勿論、テレビにラジオ、インターネットのニュースにおいても夏休み明けの生徒&児童達の自殺の統計や問題についても、記事として取り上げられております。夏休みという、いつもとは違った非日常生活から、再び対人関係で悩む空間を行き来する日常生活に戻る際の切り替えが上手くできなかっ...

Post image

夏の季節に法衣は厚着

残暑が続きますが、暑さの厳しい日々が続きます。勿論、私共は普段は私服で過ごしておりますが、僧として活動する際には勿論、法衣に着替えて活動を行います。この法衣が数枚に重ね着をする事で夏場の活動に過酷さを増すのであります。夏の季節の普段着一枚でも過ごしにくい暑さでありましたが、更に仕事が入り法衣に着替えて活動するとなると更に厚着となる為に夏の季節では、暑さに耐えながら仕事をする事となるのです。勿論、夏...