Post image

今宵も除夜会

「除夜の鐘が聞けない」日本唯一の自治体2018年の終わりまでの節目として、今宵も除夜会として当寺院の梵鐘を108回を突く予定であります。昨年も記載しておりますが、他の地域では近隣への配慮として除夜の鐘を突かない寺院も存在する中でありますが、当寺院の地域では、地方域という事もあり今年も除夜の鐘を108回突く事が可能であります。ニュースの記事を観ていると除夜の鐘が聞けない自治体もあるとの事で、歴史的背景もさりな...

Post image

年末におけるに年賀状の喪中ハガキ

年末という事もあり、当寺院も様々な御縁の方とのつながるがある為に年賀状の作成をしておりました。昨年は母方の祖父が亡くなった為に年賀状欠礼の葉書の作成をしておりました。まだ、年末時期ではなくなったので年賀状作成時にはバタバタする時ではありませんでした。昨年の年末の週に、葬儀の依頼があり阪神方面に出張に行って参りました。この年末の時期に身内を亡くされた家の方々はタイミングが悪そうな様子であり、年賀状を...

Post image

信教の自由の落とし穴

先日、派遣の依頼にて京阪神方面に行ってきました。法務内容(仕事内容)は墓前納骨。墓前には、浄土真宗という宗旨の依頼にも関わらず、複数の他宗派での戒名が記載されておりました。尚、依頼者の方は葬儀の依頼と法名に関しては葬儀社の紹介寺院に依頼されたとの事で、葬儀は他地域で行われたとの事でありました。今回、納骨される方は浄土真宗であります法名で(釋 〇〇)と白木の位牌に表記されておられました。※浄土真宗で...

Post image

初雪が降りました

当寺院西教寺は兵庫県北部の日本海側に隣接する地域の為に降雪地域となっております。その為に、先日のブログにも記載しております様に、冬囲いの対策も行っております。今朝、本堂に行く際に玄関を開けてみると見事な雪景色でありました。葬儀&法事等の法務の際に車での移動は欠かさない為に、早速、みぞれと雨が降る中で車のタイヤをスダッドレスタイヤにも交換作業を行いました。これで雪道走行に関しましては、ひとまず安心で...

Post image

師走となりました

12月に入り、年の暮れとなりました。旧暦12月を「師走」、「師馳」(しわす・しはす)と呼ばれておりました。師走の語源とは僧侶(師は、僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさから、という平安時代からの説(色葉字類抄)があるが、これは語源俗解(言語学的な根拠がない、あてずっぽうの語源のこと)による宛て字であり、平安時代にはすでに、「しはす」の語源は分からなくなっていた。と言われている。※(Wikipedia参照)この時期は...