Post image

「くるま暮らし」のニュース

2年以上くるま暮らし “車中泊僧侶”になったわけ2年以上くるま暮らし “車中泊僧侶”になったわけニュース記事にて拝見させて頂きました。現代における問題点として、車中泊暮らしをしている方々がおられる事が以前からのニュースでも取り上げられていました。今回の記事は、私達と同じ業種であります。僧の方でも、車中暮らしをされておられるとの記事であります。前々から都市部におきましては、寺院(本堂)を持たないフリーラン...

Post image

現代は年輩の方も法事が楽しめなくなった

以前のブログにも書かせて頂きましたように、現代は法事の必要性が低くなってきている。現代人の仏事に対する意識の低下として、寺院側の問題点を含めて様々な事情の件等と取り上げるとキリがない始末であります。今年は平成最後の年であります故に、以前の時代であります昭和の貧しい時代は法事を含めて仏事が唯一の贅沢ができる楽しみであった時代でありました。法事の席の場では、酒盛りは勿論でありました故に亡き故人様を偲び...

Post image

地方域でも直葬

先日、派遣の依頼にて地元豊岡市斎場にて直葬のプランでの派遣法務に行って参りました。ネットのニュース記事にても葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代にとの記事が記載されておりました。記事詳細↓葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に住職が「葬儀をやり直せ」と激怒 「直葬」で増える問題とは今回の直葬の依頼者様であります喪主様の配慮により法務の詳細は記載はできませんが、現代人...

Post image

身近な中で

昨日の深夜番組を何気に観てた時の事です。ドメスティックな彼女第四話「どうなの、君は?」のシナリオの中でのシーンであります。【ドメスティックな彼女】第4話 感想 作戦無しで修羅場に突入【ドメスティックな彼女】4話 感想|許すまじ!不倫相手と直接対決だ!リンク先に記載されております、亡き母の前の墓前で主人公がお参りをするシーンであります。墓前の描き方が当寺院の宗旨であります浄土真宗の型式に忠実に描かれてい...

Post image

新時代に向けて

Googleカレンダーを今月より、当寺院HPに導入致しました。カレンダーに記載をしておりますが、本日と昨日と当寺院の門徒様(檀家様)の通夜&葬儀でありました。本日の葬儀の際の故人様は、大正10年生まれの方でありまして、享年99歳の大往生を遂げられた御方でありました。また、当寺院の門徒様の中で既に数少ない軍人経験のある方でもあり、昭和の先の大戦を経験された御方でもあります。我々、浄土真宗本願寺派僧侶に毎年支給さ...