Post image

当寺院は幾多の洪水に見舞われてきました

先日のニュースより九州北部の大雨にて、被害の状況が伺えます。当寺院の所在する地域も河川の近くの為に、これまでの台風で浸水の被害にも見舞われてきました。しかし、少し高台に建立されている為に床下浸水までが、これまでの中で大きな被害でもありました。地図をよく見ておりますと寺院が建立される立地条件としてガソリンスタンドと同じく、比較的に災害に対して安全な地域に建立されているケースが多くみられます。これから...

Post image

令和初の別時永代経

令和に入って、3ヶ月過ぎまして、初の寺院行事を迎えました。毎年恒例の別時永代経であります。毎年、8月17日に行われておりまして恒例行事の一環であります。日々亡くなられておられる人達を永代に亘って偲ぶ行事であります故に、御縁のある方達には参拝を勧めております。当寺院の檀信徒の方達も高齢の方々が多い為に、参拝者の方達は年々少なくなっております故に身内を亡くされた際には自身が生を受けている間は、故人様を偲べ...

Post image

盆も暮れとなりました

台風の接近に伴っており、西日本の新幹線や航空便等の各交通機関の運休情報等の中で、帰省ラッシュの乱れや混乱等がニュースの中で伺います。今週は年に一度の御盆の機会を過ごされる中で、お墓参り等で仏縁に触れる機会でもあります。御盆の最終日となる明日は終戦記念日でもあります故に亡き故人様方を偲ばれる日でもあります。明日は、当寺院の所在する西日本方面は台風の接近に伴い大荒れの御盆最終日となります故に、本日まで...

Post image

長崎原爆投下から74年

本日の朝のニュースから、長崎原爆投下から74年についてのニュースが報道されております。また、被爆者の高齢化により事実を伝えられる方達も少なくなる一方であります。戦後、50年の1995年の前年の1994年には五十回忌の法要の中で、戦争によって犠牲になられた方達を営まれたお話を伺った事があります。尚、現代におきましては各回忌法要も少なくなってきております。私の祖父の時代の方達は実際に戦争を体験されておられて直接、...

Post image

何度も言う事柄ではありますが・・・

住職 大半は「ブラック職業」「坊主丸儲け」とはいかない住職の厳しい懐事情上記のニュースの通り、寺院の現状が、この情報化社会において少しでも知られつつあると思えます。だがしかし、まだまだ寺院という業種は安定した職種であり高収入である事柄が一般的な見解である事に変わりありません。以前は「〇っちゃ●寺」という番組がありましたが、まだまだ寺院の事柄や事情等は世間では知られてない現状であります。尚、番組に関して...