Post image

今宵は除夜会を行います

先日の投稿に引き続き、今夜の大晦日の日付時刻前より除夜会を行います。都市部域では、地域住民様への配慮として行わない事や時間帯を日中に変えて行う等をして恒例行事を営まれておられます。当寺院は地方域という事もあります故に、日付が変わり年が変わる時間帯に行える事が昔ながらの風情が味わえる事柄であります。今夜の気候は雪という事もありますので、例年に参拝される方達もおられますが降雪の中で除夜の鐘を突くことも...

Post image

除日の鐘

年末恒例「除夜の鐘」深夜ではなく…昼間に上記のニュースの通り、年末恒例の除夜会が日中に行われるとの事であります。尚、当寺院におきましては通常通り深夜に行います。都市部とは異なり、まだまだ地方という地域柄の特色が生かせる部分でもあります。来年からは2020年代となる為に都市部の影響が、こちらの地域に及んでくる事も予測されます。ニュースの記事のように、その際には当寺院におきましても日中に行ってもよろしいと...

Post image

これからの時代、(家)ではなく住まい、住居

先週、派遣出張にて阪神方面へと行ってきました。依頼内容は建碑式建碑式とは新たに墓地を構えて墓標である墓を建てて、納骨式の法務を行う法要の一種であります。霊園にて、〇〇家ノ墓と墓石に刻まれているのを見て思うのが令和という新時代にて家という概念も大きく変化していく事が予想されます。本来の家制度とは、1898年に施行された明治民法に定められた家族制度を指しておりまして、1947年の日本国憲法の施行にあわせ、女性...

Post image

法話はトリビアの〇? へぇーで終わり?

最近の派遣の依頼をされた時の様子では、主に法話は控えた方がいい雰囲気のケースが多くあります。確かに前々から述べておりますように、寺院や葬儀社さん等の死後に関する職以外の方達は普段の日常生活を営まれておられる訳なのであります。寺院の僧は、どちらかと言えば一般社会と世間とはかけ離れた立場であります故に、世間や一般社会で生活をされておられる方達との擦違いが生じているケースがある事が、これまでの派遣の法務...

Post image

身分証明

本日、運転免許証の更新に行ってきました。免許証の写真を見る度に、自分も年を重ねたな・・・と思います。これも仏教用語の四字熟語であります。生老病死という避けることのできない、人としての4種の苦悩の一つであります。運転免許証を見て思い出したことが、まだ私が大学生だった頃に僧侶の資格を取得する為に、得度習礼(とくどしゅらい)、一般的に言われます仏門に入門して僧侶になる為の修行の期間の時の事です。それぞれ...