確定申告に行ってきました

1e9d61c4ff5b45ea49b181c4c09c8ef0_s.jpg

本日は確定申告に行って参りました。

寺院は宗教法人だから課税対象にはならないと思われガチのイメージが定着しておりますが、対象になる事と対象外の区別は税法上該当する事柄があります。

現に昨年は国税局より調査が当寺院に来られた次第でもあります。

勿論、住職を含めて坊守や副住職の給与に関しましては所得税として勿論、一般の方達と同じく課税対象となっております。
その為に、この時期になりますと確定申告に行く事となっております。

毎年行う確定申告でありますが、昨年やった事でもあるにも関わらず税務署職員に色々と手続き等を聞かなければ、スムーズに行う事ができないのも、場数を経験する積み重ねができていないからであります。

同じく毎年行う仏事に関しても、檀信徒様より春と秋のお彼岸やお盆の飾り付け等も年に一度の事でありますが故に、なかなか慣れない為に、私達に幾度も質問を受ける事でもありますが故に、場数を踏まえなければ慣れない事は致し方ない事でもあります。

今回は、確定申告につきまして記事とさせて頂きましたが、税に関しての専門家の方達の助言を受けて無事に申請する事ができました故に、世の中におきましては、それぞれの専門分野の方達がおられます事で、私達はお互いに助け合って生きていける事であります。

前々から、新時代におけます寺院の在り方を記載しておりますが、専門家としてできる事を日々模索している次第であります。
スポンサーサイト